夢へ向かって、出発!
新闻详情

【日本民间故事】性格别扭的老鹰之子

むかしむかし、息子がとてもひねくれ者のトビの親子がいました。


很久很久以前,有一对老鹰父子,儿子的性格很是别扭。


どれくらいひねくれ者かと言うと、父親が、「雨が降るから、家の戸を閉めてくれ」と、言えば、家の戸を全開に開けるし、「そこの白い物を取ってくれ」と、言えば、わざと黒い物を取ってくるのです。


要说别扭到什么程度的话,父亲若是说「要下雨了,把家里的门关上」,儿子就会把家里的门全打开,要是说「把那白色的东西给我拿来」就会故意拿来黑色的东西。


そんな息子に苦労したトビの父親は、やがて重い病気になり、あと数日の命となってしまいました。


为了儿子而受苦的老鹰父亲得了重病,只剩几天可以活了。


(おれの人生は苦労の連続だったが、もうすぐそれも終わりだ。せめて死んだ後は、安らかにちゃんとした墓で眠りたいものだ。しかし、ちゃんとした墓に入りたいと言っても、あのひねくれ息子じゃあ、反対に死んだおれを海に投げ捨てるかもしれん。まてよ、それなら、反対の事をお願いすればいいんだ)


(我的人生就是悲剧的延续,而现在也终于要结束了。至少在死后能给我个安身之处让我安息啊。可是,就算说好好地葬了我,那个性格别扭的儿子可能也会相反地把死了的我扔到海里去。等等,这样的话,我只要提出相反的请求就好了嘛)


そう考えた父親は、自分が死ぬ間際になると、息子にこう言いました。「息子よ。おれの遺言を良く聞け。おれが死んだら、決してちゃんとした墓に入れるなよ。ちゃんとした墓に入れず、海にでも投げ捨ててくれたらいいからな」


父亲这样想着,就在自己即将死去的时候,对儿子这样说道「儿子啊。好好听清楚我的遗言。我要是死了,一定不要好好地葬在墓里。不要葬在墓里,只要随便扔到海里就可以了」


さて、間もなく父親が死んでしまうと、トビの息子は今までの親不孝を大変恥ずかしく思いました。「おれがひねくれ者で親父に苦労をかけてきたから、親父は早死にをしてしまったのだ。親父、すまなかったな。せめて遺言ぐらい、ちゃんとかなえてやるからな」


不久之后,父亲就死了。老鹰的儿子为至今为止的不孝感到很是羞耻。「我是个性格别扭的人,给父亲不断得增加痛苦,才导致他早逝。父亲,对不起。至少对于你的遗言,我一定会帮你实现的」


そして息子は父親の言葉通り、父親の亡きがらをちゃんとした墓には入れずに、海へと投げ捨てたのです。


然后儿子就按照父亲说的,没有好好地安葬父亲的遗体,而是扔进了海里。


さてその時、死んだと思われていた父親はまだわずかに生きていて、海の中から父親の最後の言葉が聞こえてきたのです。「・・・塩からいよー。・・・塩からいよー」


这时,原本以为已经死了的父亲还留有一口气,从海里传来父亲最后的话语。「・・・好咸啊。好咸啊・・・」


それを聞いた息子も、海の上を飛び回りながら父親の言葉を真似しました。「塩からいよー。塩からいよー」


儿子听到这喊声,就一边在海上飞来飞去,一边模仿父亲的叫声。「好咸啊。好咸啊」


この時からトビの鳴き声は『塩からいよー』となり、それが変化して今では『ぴーひょろろー』と鳴くようになったそうです。


从那时候开始,老鹰的叫声就变成了『好咸啊』,逐渐就演变成了现在的『啁啁』


重庆渝中富士塾培训学校 地址:重庆市渝中区中山路81号 重庆日语培训客服电话: 023-63633928
会员登录
登录
我的资料
留言
回到顶部